洋光台耳鼻咽喉科・ひふ科|お問合せはこちら

洋光台耳鼻咽喉科・ひふ科
〒235-0045
横浜市磯子区洋光台1-15-7
洋光台田中ビル1F
【代表】
045-835-3387

耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科からのお知らせ

待合室の3密回避のため、当面の間、耳鼻咽喉科も完全予約制です。

インターネット予約をご利用ください。


かぜ症状で耳鼻咽喉科に受診される方は、皮フ科の診療時間を避けていただきますよう御協力お願い致します。
(なお、アレルギー性鼻炎や耳垢など非感染性の場合は、この限りではありません。)

【かぜ症状の対応時間帯】(金曜日を除く)
(月・火・水)午前9時から10時15分まで、午後は17時以降になります。
(土)午前9時から10時までとなります。

また、当院には隔離室がございません。お車で来られた方は車内でお待ちいただけますが、徒歩・自転車の方は院外でお待ちいただくことも有り得ますことをご了承下さい。従来通り37.5℃以上の発熱している方は、直接来院せず、まず事前に必ずお電話で相談してください。


新型コロナウイルス感染症による院内感染対策のため、以下の医療行為は現在中止しております。

  • ネブライザー
  • 耳管処置
  • アレルギー性鼻炎に対するレーザー治療

診療時間


9:00
-
11:30


※1


※1


※1



※2


※4
15:30
-
18:00









※3

受付・お問い合わせは各15分前に終了いたします。

※1  月・火・水曜日午前は当面の間、9時から10時30分
※2  金曜日午前 9時から11時30分

※3  金曜日午後 16時から18時
※4  土曜日午前 9時から12時

休診日:木、日曜、祝日

診療内容

日本耳鼻咽喉科学会認定の耳鼻咽喉科専門医である院長が担当します。


  • 中耳炎、外耳炎、耳垢、めまい、難聴など


  • アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、鼻づまりなど

  • のど
    のどの痛み、声がれ、のどの違和感など

  • その他
    補聴器相談、アレルギー性鼻炎のレーザー治療など

洋光台耳鼻咽喉科・ひふ科|横浜市磯子区,耳鼻科,皮膚科

プライバシーを配慮して
診察室は個室タイプです

耳鼻咽喉科医 院長 山田昌宏

経歴

  • 横浜市立大学医学部附属病院
  • 横浜市立大学附属市民総合医療センター
  • 横浜南共済病院
  • 横浜医療センター

資格

  • 日本耳鼻咽喉科学会認定専門医
  • 補聴器適合判定医
  • 補聴器相談医
  • 身体障害者福祉法指定医

おもな紹介病院

  • 済生会横浜市南部病院
  • 横浜栄共済病院
  • 横浜南共済病院
  • 西横浜国際総合病院
  • 横浜市立みなと赤十字病院
  • 横浜市立大学附属病院
  • 横浜市立大学附属市民総合医療センターなど

アレルギー性鼻炎のレーザー治療

アレルギー性鼻炎のレーザー治療は、鼻の粘膜をレーザーで凝固・変性させ、アレルギー反応を抑える治療法です。従来の内服薬による治療方法に比べ、「鼻づまり」「鼻水」「くしゃみ」の緩和に非常に高い効果と持続性が期待できます。経験を積んだ専門医が施術することで安全性も高く、注目を集めている治療法のひとつです。薬の服用が制限されている方や、薬の治療で改善されない方にお勧めします。なお、内服薬を使う治療法と同様、アレルギー性鼻炎や花粉症を根本的に治す治療でないことをご理解下さい。
まず、診察を受けて頂き、レーザー治療の適応があるか決定します。そして今後の治療スケジュール等の詳しい説明をいたします。
病状によってはレーザー治療をお断りすることもありますのでご了承下さい。
歯科治療の麻酔等で気分が悪くなられたことのある方は事前にお申し出下さい。

レーザー治療Q&A

どのくらい時間がかかりますか?

麻酔液のついた綿棒とガーゼを用い20~30分、鼻の麻酔をします(注射はしません)。
手術そのものは両鼻で10分程度です。出血や痛みはほとんどありません。

健康保険は使えますか?費用はどのくらいですか?

当クリニックでは健康保険が適用されます。費用は、1回につき手術料のみで両側で約8,800円(3割負担の方の場合)です。

鼻の機能に悪影響が出ませんか?

嗅覚が悪くなったりすることはありません。また、特別な副作用もありません。

治療は何回行うのですか?

効果が得られるまで数回行います。3回行っても効果が得られない方は、他の方法に切り替えます。

レーザー治療の効果には個人差があると聞きますが?

症状の改善は80%の方に見られます。特に鼻づまりには高い効果があり、スギ花粉やハウスダストなどの抗原に対する過敏症状をしばらくの間抑えることができます。

どの時期にするのが良いですか?

花粉症の方は7月から12月までの間でおすすめしております。