洋光台耳鼻咽喉科・ひふ科|お問合せはこちら

洋光台耳鼻咽喉科・ひふ科
〒235-0045
横浜市磯子区洋光台1-15-7
洋光台田中ビル1F
【代表】
045-835-3387

帯状疱疹ワクチンについて

帯状疱疹とは

帯状疱疹は、多くの人が子供のときに感染する水ぼうそうのウイルスが原因で起こります。

水ぼうそうが治った後も、日本人成人の90%はウイルスが体内に潜伏しています。

加齢や疲労、ストレスなどによる免疫力の低下が発症の原因となります。

特に50歳代から発症率が高くなり、80歳までに約3人に1人が帯状疱疹を発症するといわれています。


痛みが体の片側の一部にあらわれ、その部分に赤い発疹が出てきます。

痛みは徐々に増していき、夜も眠れないほど激しい場合もあります。

症状が目や耳にあらわれると、めまいや耳鳴りといった合併症のほか、視力低下や失明、顔面神経麻痺などの重い後遺症が残る危険があります。


治療は、軽症の場合は、抗ウイルス薬などの内服療法ですが、重症の場合は入院して安静と点滴による治療が必要になる場合があります。

皮膚の症状が治った後も痛みが残ることがあり、3か月以上痛みが続くものを帯状疱疹後神経痛と呼びます。数年にわたって痛みが改善されないこともあります。

50歳以上で帯状疱疹を発症した人のうち約20%が帯状疱疹後神経痛に移行するといわれています。


帯状疱疹ワクチンの種類と効果について

シングリックス

帯状疱疹に対する予防効果は50歳以上で97%、70歳以上で90%とされています。効果の持続は9年後の時点でも確認されています。生ワクチンを接種できない免疫抑制状態の方でも接種可能です。

多くの方に注射部位の痛みや腫れがあらわれますが、これは体内で強い免疫をつくろうとする仕組みが働くためだと考えられます。副反応の多くは3日以内で治まります。

シングリックスは筋肉内注射で、2回の接種が必要です。

水痘ワクチン

帯状疱疹に対する予防効果は約50%で、5年を超えると効果が低下します。弱毒化された生きたウイルスが含まれており、免疫抑制状態の方、例えば悪性腫瘍や免疫機能に異常をきたす疾患を有する方(HIV感染症など)、および免疫力抑制をきたす治療を受けている方には接種できません。

1回の接種で済みます。


費用

シングリックス 1回 22000円(税込)2回の接種が必要です

水痘ワクチン     8800円(税込)

※相談料+ワクチン代+処置代を含む

申し込みに関する注意点

帯状疱疹ワクチン接種を希望される場合、皮フ科医師にご相談いただきます。

お申し込みと同時に代金お支払いいただいた後にワクチンをお手配させていただきます。

お申し込みをされた方専用にワクチンをお取り寄せいたしますので、申し込み後のキャンセルやご返金はできません。

よってご不明な点は医師に質問し、よく考えてご納得の上お申込みください。


※皮フ科に通院中の方につきましては、いつもの診察時に医師へワクチン接種希望とお伝えください。
※通院中でなく帯状疱疹ワクチンについてのみご相談を希望される方は、最終的にワクチン接種をお受けにならない場合、相談料(自費診療)として1550円かかります。


持ち物

健康保険証(本人確認のため)

なお、予診票は窓口に用意してあります。

その他

新型コロナワクチンとは前後2週間の接種間隔をあける必要があります。